スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TERA ユーザーカンファレンス

2009年11月30日 16:45

去る11/28日に行われたユーザーカンファレンスの内容を翻訳しました。

gstar11.jpg


2回のCβTを進行しながら分析した"ユーザーフィードバックデータ"を発表し、
Bulehole StudioのAssociate Producer(AP)が会場に集まったユーザーに直接回答する順序で行われました。

キムチーム長(AP)は"一番多いユーザー達の不満はスキルの種類が不足している"という意見であったと述べ、
"アクションゲームの操作感を最大限生かしながら継続的にスキルを追加していく予定だ"と告げた。

ここで言及された新しく追加されるスキルとは、

・ランサーの敵を鎖で捕獲するスキル
gstar01.jpg

・ソーサラーのテレポート
gstar02.jpg

・モンスターを中心に追い詰めるウォリアーのブラックホール
gstar03.jpg

などといった多様なスキルを準備していると明らかにした。

キャラクターの成長を強く実感できるようにキムチーム長(AP)は、

"パッシブスキルの追加を通じてレベルアップ毎に強くなったと感じられるように生かす"と説明した。

また多様なアイテム/クエストの追加、パーティプレイの難易度、パーティマッチング、スイミングモーションの追加などを優先的に強化するとも述べた。

続いて、次のCβTではストーリーテリングを深めたさまざまなクエストとインスタントダンジョンなどに関連した、よりインパクトのあるクエストを準備しており、

ユーザーコミュニティのための"バルキオン勲章システム"という"マイレージ概念"のギルドポイントシステムを導入して、今後ギルドbuffやアジトの購入といった色々な用途に使われることを示唆した。

以下はユーザーカンファレンスの質疑応答まとめ。

Q : 種族別特性を導入する予定はあるのか?

A : 企画段階で非常に悩んだ部分だ。MMORPGはバランスが非常に重要だが、ハンティングまたは戦闘で効率が良い種族がいるとなると、ユーザーが特定種族に偏ることになってしまい、まだ考慮していない。
しかし、多くのユーザーが望むならば今後検討する可能性はある。

Q : クエストによるストーリーテリングの限界はどのように克服するか。

A : 実際のところクエスト内容を読まないで無条件に受諾するユーザー達がたくさんいる。クエストの内容を読んで"モンスターを何故捕らえるのか"ということに対し、解答が得られるようなストーリー部分の強化と、クエスト内容を読まないユーザー達のために、内容を把握せずともクエストを遂行できるようなインターフェースに改善するでしょう。

Q : 政治システムはいつみられるのか。

A : TERAはノンターゲッティングを最も重視して開発した。
かなり冒険的な試みであり、違和感がなくプレイできるように神経を使ってきた。
先に行った2回のテストは戦闘にフォーカスを置いていたので、3次βTでは経済、パーティなどを軸に行うでしょう。

gstar09.jpg

政治システムはパーティで集まったユーザーらがギルドを編成し、多くのギルド活動のあとに生じるコミュニティなので、おそらく時間を考慮して後半にテストをする。

Q : 移動が不便だ。

A : たくさんのユーザー達の要求があり、ずっと進行中の課題だ。困難にならないよう継続的に修正する。

Q : 後半の大型モンスターの経験地が高く、ソロプレイで何匹か倒すとすぐにレベルが上がった。今後もそのようになるのか。

A : 意図しなかった部分だ。ユーザー達が特定位置で攻撃されないことを発見し攻略したようだが・・・どうやって見つけたのか本当にすごいと思う。
今後もパーティ型モンスターは絶対に一人で狩ることが不可能だろう。

Q : 事前の動作をみれば把握できるほどモンスターのAIパターンが易しい。

gstar10.jpg

A : そのように狙った。事前の動作を把握して防ぐか回避をするかしてゲームを楽しむようにした。もちろんコントロールが上手なユーザー達には簡単に感じられるだろうが、大部分のユーザー達はそれらのパターンの把握がそれほど簡単ではないという意見が多い。また、特定のモンスターは事前の動作がほとんど見えなくて、把握することが容易ではない。

Q : ノンターゲッティング以外の特徴がない。

A : 望むところだ。TERAはアクションゲームではなくアクションが加味されたMMORPGを作るつもりだ。

Q : 過度にソロプレイ中心だが。

A : アンケート調査と反対の意見だ。現在まではパーティ中心のゲームだという意見が多く、ソロプレイを改善している最中だ。
TERAの魅力として、モンスターの攻撃を最前方で阻み、他のユーザーは周辺モンスターを一箇所に集め、最後に強力な範囲魔法で一気に処理してしまう―といったパーティプレイを通じて究極の楽しみを感じられるようにするだろう。

Q : 特定の強化クリスタルが手に入りにくい。

A : 現在はテスト段階のためバランスはすべて変更可能だ。
移動速度の部分は今後のスキルで実装されており、強化時に変更を簡単に表示できるようUIの改編もあるだろう。

Q : 他の強化システムがあるのか。

A : クリスタルとは違い、武器自体の性能を向上させることができる強化システムを準備中だ。多分3次CβT以降に公開するだろう。

Q : 直接会うことでしかできない現在のパーティーマッチングが不便だ。

A : ゲームの性質や目的に応じてパーティーマッチングの形を決めた上で適用するだろう。

Q : ヒーラーのソロプレイが難しい。

A : キャラクター事に長所と短所があるものだから、ヒーラーはパーティー狩り中心のプレイが容易だろう。

gstar08.jpg




参考url :http://tera.gamechosun.co.kr/board/view.php?bid=issue&num=339

*追記
Poporiの女性版がでる可能性か(;´д`)・・・
zombii.jpg



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://terapopori.blog18.fc2.com/tb.php/32-4757f876
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。