スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンティコアロードネスト体験記

2010年08月16日 19:23

マンティコアロードネスト体験記!

[크발칸]

20100624120324_72bed0f9.jpg

マンティコアロードネストは初公開から「地獄を見ることになるだろう。」と高い難易度を予告しました。 そのためプレイ映像公開からユーザー達はパーティーグループとマンティコアのパターンを研究しました。THIS IS GAMEでもマンティコアロードネストを体験してみました。/THIS IS GAME 크발칸

マンティコアセットアイテムはこちら



マンティコアロードネストはケルベロスのように4個の関門と一つのボスルームで構成されています。それぞれの関門は封印石を守護しています。ユーザー達は封印石を破壊してマンティコアを覚醒させなければいけません。


(*動画は登場+戦闘シーンのものに変更しています)


今回のマンティコアロードネストの最も大きい特徴は難易度の上昇です。第1関門から高い体力と攻撃力を持ったガーゴイル達がユーザーを困らせます。 特にボスガーゴイルは一人で対峙するのが厄介なほど高い体力を持っています。

20100624122418_dbd1dd35.jpg
▲中央の石像はモンスターの体力を回復させるため離れて処理しなければならない。

また、時間が経過すると各種部下モンスターが登場するが、頭突きスキルを使ってユーザーを飛ばしてしまうため、早い処理が必要です。

20100624122430_765c0bda.jpg
▲スキル詠唱中に押されやすい。

第2関門のボスはミノタウロスです。1関門と同じく時間の経過によって合計5匹のミノタウロスが登場することになります。このミノタウロスは既存と異なり、途方もない体力と攻撃力で武装しています。

20100624122633_3f1fe4a5.jpg
▲お互いにbuffをかけるために離れて処理しなければならない。

これもまた単独キャラクターで相手にしてみたが、現在の装備では意欲がわかないほどであり、復活回数を全部使ったものの、ただ一匹も処理できないほど難易度が高かったです。

20100624122941_0ec04210.jpg
▲体力を削るだけでも手に余る。

第3関門のボスはラミアです。今回の関門には必ず注意を払わなければならないトリガーが存在します。関門の中央に置かれたこのトリガーは、4方向のいずれかの方向が有効な場合、その方向を除くすべてのフィールドが毒属性トラップに変わります。

20100624122955_008cdedc.jpg
▲第3関門のトリガーは進行中の主要なトラップである。

毒属性トラップに入ると、一瞬のうちに体力が消えるのですぐに脱する必要があります。 逆にトリガーの方向に位置したフィールドは体力を回復させてくれるので、そのフィールドにボスを誘導して戦うことが重要です。

20100624123004_91ec819b.jpg
▲体力を回復させてくれる。

最後の第4関門のボスとして巨大なストーンハーフゴーレムが登場します。この巨大なストーンハーフゴーレムはシールで保護されており、最初は攻撃が不可能です。 封印を破壊するには周りにいるすべてのストーンハーフゴーレムの処理が必要です。

20100624123024_2f207a43_20100816000754.jpg
▲ストーンハーフゴーレムをいかに迅速に処理するかが鍵。

ストーンハーフゴーレムを破壊すると、封印が破れてゴーレムがいた場所に様々な料理がドロップします。しかし、一定時間が経過するとストーンハーフゴーレムが再び登場して封印が回復されるため、封印を破るまで巨大ストーンハーフゴーレムを捕らえる役目をするユーザーが必要となります。 プロボーグを持っているパラディンが適しているでしょう。

20100624123032_86120c5c.jpg
▲封印を破壊するまでつかまえなければならない。

第4関門の封印を破壊すればマンティコオロードクラムが登場することになります。マンティコアロードクラムは封印が解けるやいなやレイズグラビティーを詠唱するので、すぐに移動しないことをお勧めします。

マンティコアロードクラムは公開された映像と同じように広い範囲に強力な攻撃を加えます。特に一般物理攻撃にアーチャーやソーサレス系列が当たる場合、最小2千から4千まで体力が削られるほど強力です。

20100624123042_c5c8dcc3.jpg
▲体力が少なければ一発であの世に飛んでしまうことができる。

加えてマンティコアロードクラムは体力も非常に高いため、ディーラーとヒーラー、そしてタンクグループのパーティーが必要です。そのため現在のユーザー達が話すダメージディーリングパーティーの3ソーサレス、プリースト1のグループは現実的に難しいという気がします。

20100624123051_f06f16d9.jpg
▲単純なディーリングパーティーではなく、各クラス間の様々なスキルの使用が必要です。

マンティコアロードは映像を通じて知らされたブラックホールと三方向に対するレイズグラビティー、地面を打った*後に前方向クレセントクリーブ、加えて空中でのグラビティースピアーと急降下攻撃など多様なスキルを使います。 問題はこのスキル達が全部範囲攻撃というものです。

20100624123208_6714d564.jpg
▲攻撃を避けるためにタイミングに合わせて回避スキルを使わなければならない。
SSはレイズグラビティー詠唱モーションを見て回避したとこ。

範囲攻撃や強力な攻撃を避けるのに最も良い方法は回避です。回避する瞬間無敵になるため一瞬一瞬タイミングを合わせて使えばダメージを受けないで回避できます。 だから回避とエリアルイベイジョンスキルのクールタイムを減らすために投資をしなければなりません。

20100624123123_9e632001.jpg
▲これを一人でクリアすることができるだろうか?


今回のマンティコアネストをプレイしながら感じたのは、『パーティープレイに変化をもたらすだろう』ということです。 モンスターの攻撃力が高まり、タンク*の役割を担うことができるパラディンの役割が重要となり、完全防御のスキルを持ったソードマスターのパリィングもネストで相当な効果を見るでしょう。

20100624123140_34266d03.jpg
▲様々なパーティープレイが誕生すると予想される。

また、従来の攻撃にのみ偏ったスキルツリーもマンティコアネストをクリアするために、様々なスキルツリーが提示されるといった期待感も生じます。そのため今回のマンティコアネストは、EYEDENTITY GAMESがこれまでのDragon Nestを通じて見せたかったパーティープレイの本当の姿ではないかという気がしました。


参考url : http://www.thisisgame.com/board/view.php?id=422685&category=11801


popori.jpg管理人の独り言。
昔の記事なので流れの把握ぐらいにしか役に立たないだろう。
もう9月になるとFF14が始まり、10~12月にはTERAのOβだ。ということでそろそろドラゴンネストの記事は扱わない予定。


熱海の温泉に行ってきた友人からこんな物を頂いた。

loveplus_convert_20100816183256.jpg

「絶対喜ぶよ!」ということで購入してくれたらしい。いやいやいやいや。
誤解のないように言っておくが未プレイである。寧々さんには好意を寄せているが。

熱心なファンの方が熱海にはうじゃうじゃいたと聞いた。
お土産をくれた友人はそんなファンの「1人」として私を見ていることになる。なんてこった。爽やか紳士で通っていたのではなかったのか。
悲しいので今夜は寧々さんを食べようと思う。勿論、プリントされた寧々さん饅頭をである。何だかもっと悲しくなってきたぞ。


コメント

  1. Jane023 | URL | -

    長文翻訳お疲れ様で~す。
    ドラネス記事終わっちゃうんですか!?寂しいですね。
    あ、そういえば明日は凛子の誕生日ですね。フフフ

  2. ぺキー | URL | -

    終わっちゃうのー!?

    こんなにいい記事をもう見ることはできないのかぁ・・・@z@
    残念すぎるよーー!・・・でもTERAも少し興味あるから・・・しばらくはお世話になりますd^w^b

    これからもがんばってね(U@ω@U)b

  3. てらぽぽり | URL | -

    Re: Jane023さん

    Jane氏も色々まとめたりとお疲れさまです。PCは大丈夫でしょうか。
    今後はTERAの情報がたくさん出てくるので時間的に厳しいですね。
    FF14が面白くなかったらちょくちょく書くかもしれませんけれど。

    凛子の誕生日だったのですか~。それは知らなかった。いや、おめでとうございます。
    なんだか親しみ深い発言ですが...もしや?!

  4. てらぽぽり | URL | -

    Re: ぺキーさん

    毎回コメントありがとうございます。元気がでますね。

    >終わっちゃうのー!?

    過去最高の拍手数が単なるビキニ動画紹介という点に心を痛めた故の決断だったりします。

    嘘です。Jane氏への返信にも書きましたがFF14やらTERA記事があるので厳しいですね。頻度は落ちますが、面白そうなものは時間を見つけて取り上げたいとは思っています~。

    是非、TERAには注目して欲しいですね。次期大作の中では一押しなので。
    実際にプレイしたり、動画をみても「地味」なんですが、最近はその慎ましやかさが気に入ってる管理人です(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://terapopori.blog18.fc2.com/tb.php/207-f9c729d2
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。