スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TERA 北米課金方式

2010年08月14日 00:05

TERA、北米では『定額制』でサービス
NHN、“TERAの国内サービス方針はまだ未定”

음마교주(정우철記者)

TERAの北米課金方針が ‘定額制’ と確認された。

Blue hole北米法人であるEn Masseは TERA の流通のために電子商取引専門業者Digital Riverと契約したと去る10日明らかにした。ところが、Digital Riverが配布した報道資料が北米ユーザー達の誤解を招いた。

Digital Riverの報道資料によると “En Masseが公開するMMORPG TERAの北米ローンチを支援することになった。 私たちはゲーム内商取引システムとオンラインストアローンチのために力を尽くすつもりだ”となっている。

現地のゲーム業界とユーザーらは『ゲーム内商取引システム』という部分に注目した。特にDigital Riverの売り上げがほとんど電子商取引手数料という点のために TERA の課金方針が部分有料化だろうという推測が流れた。


そうした憶測が飛び交う中、ユーザー達が北米TERAの課金方式について憂慮とも皮肉ともとれる抗議を公式HP上でしたようです。
これを受けてEn Masseは 『TERAは定額制をベースにしたゲーム』 と公式発表しました。ユーザー達の誤解も解消された模様。

しかし、私を含めて多くの人が気になるのは日本での課金方式でしょう。
今回の記事では、

一方、TERAの国内サービス方式はパブリッシャーのNHNが決定権を持っている。NHNはTERAの国内課金方針はまだ確定していないと強調した。

NHN関係者は“現在のゲームの完成度を高めることに注力している状況だ。国内のサービス日程および課金方式は検討している。課金方針を決めるのは早いと考えており、決定されたことはない”と明らかにした。


とあります。この文脈で推測すると、日本はハンゲーム(NHNJapan)がパブリッシャーなので課金方式もハンゲームが決定権を持つ、ということになりますね。
要するにまだ未定なわけですが、北米が定額制だから韓国や日本もそうなる―というものではないと受け取れる発言なので、今後の発表には要注目です。

20100813155836_ee32815a.jpg

参考/引用url : http://www.thisisgame.com/board/view.php?id=462245&category=12501



popori.jpg管理人の独り言。
だいぶご無沙汰。世間はお盆。違った世間ではコミケだろうか。皆さんお疲れ様。
管理人もパソコンのお掃除やOSをXPから7にしたり中々多忙であった。なんか違うけど無視して頂きたい。

7に変わったことでFF14のベンチマークスコアが500程上昇した。苦労の割にフザケタ上昇値である。
やはりグラボも交換しないと不味いのだろう。
徐々に内容が明らかになっていくにつれて期待が萎んでいたりもするのだが、一度は触れてみたいゲームでもある。
種族は男勝りなエレゼン♀かヒューラン♀になりそうだ。ミコッテは選択しない方向に。
サービスが開始したらブログでもちょこちょこ書くかもしれない。謎ブログへ着実に前進中。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://terapopori.blog18.fc2.com/tb.php/206-e3086947
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。