スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケルベロスネスト攻略

2010年06月19日 23:22

ケルベロスネスト完全無欠の攻略!
エピックアイテムが私たちを待っている!

20100414154658_4db804f6.jpg

Dragon Nest最初のRAIDダンジョン、ケルベロスネストが公開されました。多くの課題点をみせるケルベロスがどんな姿なのかTHIS IS GAMEで調べました。/THIS IS GAME 크발칸



20100414160011_3eb94b9b.jpg
黒き山裾に位置したネストの入り口

血に飢えた猛犬の洞窟 ポイント整理!

ダンジョン名血に飢えた猛犬の洞窟
推奨レベル32レベル

疲労度(ソロ基準)

アビスモード(32レベル)200

*たしか5/20のアップデートで、ケルベロスの疲労度消費は無くなった記憶があります。うろ覚えですが。


ケルベロスネストに入場するためには、[黒獣の印章] が必要です。印章は一日のミッションで得ることが可能で、一日に最大2個まで取得できます。

20100415153139_b9f5b568.jpg
▲1日のミッションを通じて黒獣の印章を獲得します。


1つ目のゾーンに入場すると、警備隊ミノタウロスの 'ミノタウロスナイト' と ‘ミノタウロスコマンダー' がユーザーをもてなします。

20100414175245_617f467a.jpg
▲軽く処理しよう。

たいして難しいモンスターではないので、軽く処理し、開かれた関門を通って第2ゾーンへ移動します。

道に従って移動すると途切れた橋が見えます。 橋の下には ‘中将オーク’‘オーク爆弾マニア’ ‘Goblin技術兵’ ‘コボルト忍者’ そして ‘クロウホブ Goblin’ が登場します。

20100414175259_2e16e61d.jpg
▲橋から降りて行こう。

第2ゾーンは多くのモンスターがおり、戦闘中にずっと‘Goblin技術兵’ と ‘オーク爆弾マニア’ の爆弾が四方から飛んできます。

20100414175310_0e0f4f5a.jpg
▲モンスターが多くて倒れると起き上がるのが難しい。

爆弾は範囲ダメージとノックバックを引き起こすので、モンスターが多く、一度倒れれば起きにくいことから継続的な注意が必要です。

20100414175342_8e7478d1.jpg
▲爆弾はダメージよりノックバックが恐ろしい。

すべてのモンスターを処理し、開かれた関門から第3ゾーンに移動します。

第3地域を通過するためには、鍵モンスターの ‘브로サマナー’ を倒す必要があります。‘브로サマナー’ を守護する ‘スパークスケルトン’ と ‘ダークスケルトン’ を一掃したのち ‘브로サマナー’ を攻撃できます。

20100414175357_8544b3fc.jpg
▲出現したモンスターを狩ることによって '브로サマナー' を呼び出すことができる。

‘브로サマナー’ が召還されると多くのモンスターも一緒に登場するけれど、召還された‘브로サマナー’を倒せば全部消滅するため、一点集中で処理します。

20100414175406_5c0b77ed.jpg
▲雑魚MOBは無視して '브로サマナー' だけGOGO!

‘브로サマナー’ を処理して開かれた関門から第4ゾーンへ移動します。

第4ゾーンでは3ヶ所のゲートから多様なモンスターが3段階で召還されます。1段階目で‘コボルト狙撃手’、‘コボルト暗殺者’、‘Goblin守備兵’ が登場します。

20100414175415_0897142a.jpg
▲多数のモンスターがずっと召喚される。

2段階目は ‘中将オーク’、‘オークコマンダー’が登場し、最後の3段階目で ‘オーガコマンダー’ が多数召還されます。

20100414175428_39994ac4.jpg
▲できるだけ素早く処理しよう。

モンスターの消化に関係なく、一定時間になれば召還されるため、可能な限り迅速に処理するのが重要です。

20100414175455_e02c46d4.jpg
▲モンスターを処理して次の地域に移動しよう。

第5ゾーンはケルベロスネストを守る ‘オーガコマンダー’ と ‘オーガスレイヴ’が登場します。

20100414175505_d99f1f19.jpg
▲ネストの入り口を守る*守門将である。(*宮殿の門や城門を守る武官)

第5ゾーンを通過するために、2つのモンスターを同時に倒す必要があります。1つのモンスターを倒すと10秒の時間が与えられるけれど、この時間内にもう一つのモンスターを倒せなかった場合、死んだモンスターが再度召喚されてしまいます。

20100414175517_7b30c71d.jpg
▲モンスターのHPを同じぐらいにして、一度に処理するようにしよう。


そのため、できるだけ一度に処理することができるように、パーティーメンバーたちが呼吸を合わせなければいけない区間です。オーガを処理したのならば、開かれたゲートを通じてケルベロスネストへ移動します。

すべてのゾーンをクリアしてネストに入れば、いよいよDragon Nest最初のRAIDボス、ケルベロスに出会えます。
ケルベロスはHPの減少に従ってフェーズが分かれており、HPの減少が進むほどスキルの使用頻度が増え、スキルの種類が多様化する特徴を持っています。

ボス : ケルベロス 카칼리 (カーリー?)

<1フェーズ>

攻撃パターン内容
前足の攻撃前足を使って近接範囲攻撃を加える。
後ろ足攻撃後ろ足を使って近接範囲攻撃を加える.
ジャンプ攻撃遠距離対象にジャンプして攻撃をする。
咆哮強力な轟音で周りのすべてのユーザーをふき飛ばす。

<2フェーズ>

攻撃パターン内容
ファイアボール右側頭部からの幾つかのファイアボールを放つ。
フリージングボール左側頭部から敵対心を集めているターゲットに向かってフリージングボールを吹きだす。
ライトニングボルト中央の頭で状態異常の感電を誘発するライトニングボルトを放つ。


<3フェーズ>

攻撃パターン内容
フリージングミサイル敵対心を集めているターゲットとその周辺に複数のフリージングミサイルを詠唱する。
ファイアウォールケルベロスの周囲にファイアウォールを詠唱する。
ライトニングストームゾーン全体にいきなり攻撃を加える。


■前足攻撃

-正面から近接攻撃を加えると、前足を利用して地面を打ち下ろす範囲攻撃を与えてくる。

20100415145533_7033b47d.jpg
▲攻撃モーションが大きいので予測しやすい。

■後ろ足攻撃

-ケルベロスの側面を攻撃すると後ろ足を振り回して範囲攻撃を与えてくる。

20100415145542_cf1121db.jpg
▲後ろ足で攻撃された瞬間、ダッシュで回避出来る。

■ジャンプ攻撃

-遠距離対象にジャンプして攻撃する。

20100415145822_a0174a02.jpg
▲マップの端から端まで飛ぶことができるので、自分が対象になったのなら回避の準備をしよう。

■咆哮

-広範囲のユーザーをケルベロスを中心にすべて吹き飛ばす。

20100415145625_8698fef2.jpg
▲ダメージは弱いがかなり遠くに押されてしまう。ジャンプを利用して回避可能だ。

■ファイアボール

-右側頭部で多数のファイアボールを放つ。

20100415145640_8eb9da81.jpg
▲ファイアボールは速度が遅いので避けやすい。

■フリージングボール

-左側頭部でホーミング機能のあるフリージングボールを放つ。

20100415145652_6d0234ee.jpg
▲フリージングボールのターゲットになったとしても、一定時間移動すれば回避が可能だ。

■ライトニングボルト

-真ん中の頭で正面に向けてライトニングボルトを放つ。

20100415145703_ca9b8133.jpg
▲プリーストのライトニング暗黒バージョン


■フリージングミサイル

20100415145718_953976bf.jpg
▲スキル詠唱が派手なので察知しやすい。
しかし、落ちた氷に近づくとダメージを受けることになるので気を付けよう。

■ファイアウォール

20100415145727_25181669.jpg
▲ケルベロスに接近するとファイアウォールを詠唱するが、エリアルイベイジョンを習ったユーザーならば、一撃位当たって回避することができる。

■ライトニングストーム

20100415145738_7b83ebd0.jpg
▲マップ全体に強力な電撃ダメージを与える。 回避がほとんど不可能だ。


■ボススキル詠唱ビデオ



※本映像は特殊に用意したサーバーで撮影されたため、実際のサーバーと異なる可能性があります。
※キャラクターは本サーバー基準の32レベル +7 強化製作レアアイテムとコスチュームを着用しています。


参考url : http://www.thisisgame.com/board/view.php?id=378581&category=11801



popori.jpg管理人の独り言。
6/24日までに間に合いました。前記事と一緒にご一読頂ければなと。

言わば一度にどデカイエレメンタルロード2体とプリーストを相手にしていると考えればいいのだろうか。かなり面倒である。
「面倒」で思い出したけど、FF14の戦闘のテンポが速くなって喜んでいる方がいたりする。全体のテンポ―というよりも攻撃回数が増えただけにみえるのだが。
攻撃する頻度が増えると、結局のところ敵のHPもそれに見合ったモノになるので、逆に一回の戦闘がだらだらとして面倒にならないか。たとえ敵のHPが上がらなくとも、ギルドリーブの討伐数なんかは、内容を薄っぺらくみせないように増えそうだ。
これ、Dragon Nestで例えるならノーマルからアビスに難易度を変えたけれど、変わったのは敵のタフさと数だけ、と似ていると思うのだが如何だろうか。
とはいえ、バトルレジメンなど戦闘に関して判明していない点が多いので何とも言えないが。Dragon Nestにも連携技とかあったら笑えるのだけどな。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://terapopori.blog18.fc2.com/tb.php/178-aec9c68a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。