スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロシアムで勝つために。

2010年06月11日 15:25

コロシアムで勝つためには? 必読!

top001_20100609221126.jpg

10レベルを達成するとコロシアムに入場できます。 コロシアムはユーザーの間でPvPが成り立つ場所であり、多様な規模の戦闘を進行することが可能で、ユーザーからも良い反応を得ています。しかし、ユーザー同士で競うだけに、その難易度が高いのも事実。コロシアムを楽しむためのPvP方法を크발칸がお伝えします。 /THIS IS GAME 크발칸


popori.jpg管理人の独り言。
管理人はプリーストなのだが、数日前にやっと100人斬りを達成した。
聖職者らしく、献身的に他人の100人斬りに貢献するほど殺されもしたので、大罪である「殺人」の罪は帳消しになるのではないかと思っている。「自殺」的な行為も大罪ではあるのだが。
しかし主よ、私の前にまずは嬉々としてPvPを楽しんでいるパラディンを咎めるべきです。アーメン。

さて、今回の記事は随分前のものです。
PvP中にどうすれば良いか分からず、私のようにチームを敗北に導いてしまう方も多いのではないだろうか。
内容は特別なことが書いてあるわけでもなく、当たり前のことばかりです。
ただ、一応知識として持っておくことも悪くないかなぁと思いまして、翻訳しました。
大体ワンサイドゲームになる理由は、職業の偏りも少しはあるにせよ、誰かがスタンドプレイをしていることや、チームがばらばらに行動しているが故の結果かと思われますので、今回の記事が貴方の行動の参考になったのなら幸いです。


PvPはユーザー自身の実力をチェック出来るシステムです。もちろん、キャラクターの相性やバランスにも多くの影響を受けますが、自分の実力をある程度推し量ることが出来ます。とりわけ 1:1 PvPはプレイヤーのコントロールとゲームに対する理解度がより一層必要とされます。

PvPを簡単に楽しむには自分のキャラクターの特性とスキル、着用した装備に対して把握し、それに合った戦術を立てなければなりません。そして戦う相手についても知らなければならないことも基本だと言えるでしょう。


20100222004832_c3cfe5ff.jpg
▲相手がどんなスキルを使うのか知らなければならない。

PvPに必要なことのなかには簡単に得ることができるものもあり、そうでないものもあります。 その中で、相手を把握することは簡単に身に着けられないことに含まれます。


20100222004856_6aa5e9b8.jpg
▲相手はモンスターではない。 同じユーザーだ。

相手を把握する準備の前に、まず自身のキャラクターを把握しなければなりません。 基本攻撃が遠距離なのか近距離なのか、あるいは二つとも可能なクラスなのかから把握しましょう。二番目に職業ごとに移動速度が違うので、早かったり遅い職業を理解しておくことが貴方の助けになるでしょう。

相手を把握する方法には三種類あります。相手の職業を直接育ててみたり、PvPでたくさん出会ったり、スキルを調べて熟知する方法です。 相手の職業を直接育ててみるのが最も確実な方法かもしれませんが、そんな余裕がない時は相手のスキルを調べて把握した方が良いでしょう。


20100222004906_d8dc915b.jpg
▲もちろん自分の職業がどんなキャラクターなのかを把握することも重要だ。

自身が操作する職業が近距離キャラクターで、相手のキャラクターが遠距離と仮定してみましょう。
近距離職が遠距離職に対抗するための方法は何があるでしょうか? 次の段落を参考にしてみてください。

ウォーリアーとソーサレスを例にあげてみましょう。ウォーリアーが相手に近付くための容易な手段はダッシュを利用することです。そしてソーサレスは接近をさせないために、ウォーリアーが来る方向を予測してノックバックが可能な魔法で倒すとか、あるいはブリンクを使って回避するなど多様な方法でまた距離をあけようと思うでしょう。


20100222004917_182ec83f.jpg
▲相手を自分の間隔に引き込むこと。それが戦いの始まりであり勝利への道だ。

ウォーリアーはその瞬間、どんな選択をしなければならないでしょうか? ダッシュキックを学んでいるならば、瞬間的に距離を狭めつつ攻撃をすることができるだろうし、そうでなければローリングで回避する方法もあります。そんな余裕が無かったら地形地物を利用することもできます

20100222004558_f4aa2e1b.jpg
▲地形を利用してアクセスしてみよう

死の決闘場を例にあげると、四つの柱があるので、この柱の内側に進み、敵を誘き寄せて距離を狭めることもできます。 また、接近中に相手が強力な魔法を使うようであるなら、地形地物の後ろに隠れて魔法を避けて接近する方法もあるでしょう。

このように、相手の動きを把握し、それに合わせて行動すれば相手の弱点を突くことが可能です。有利な地歩を占めて、戦いの流れを自分で引き寄せましょう。

Dragon Nest は多様な規模の戦闘をサポートしています。先にお話したのが 1:1 の戦闘に関することだったのなら、今からお話することは集団戦闘についてです。

集団戦は1人に集中する 1:1 とは違った様相になります。自身の前方だけでなく、後方の状況、さらには上空から奇襲ができる (される) 状況まで念頭に置いて戦わなければなりません。

20100222004940_7792a890.jpg
▲橋の上から下へ魔法を飛ばすこともできる。

換言すれば気が抜けない状況になるのです。 こういう戦況で自分がしなければならないことを探さなければなりません。 ウォーリアーが突進すれば、遠距離キャラクターは常に後方から一緒に踏み込まなければならないのです。 特にソーサレス系列の魔法は、範囲も広くて相手を押し出せるため、ウォーリアーが倒れて集中攻撃を受けているのなら、最優先で敵にダメージを与えるべきでしょう。

20100222004617_0dac9bb0.jpg
▲倒れたらさっさとこれ (多分エリアルイベイジョンのこと) 。


■勝負は突進する人によって始まる。

ウォーリアーが突進することは、おとり(えさ)の役割となって犠牲になることです。 しかし、やっと突進したのにもかかわらず、遠距離攻撃のDamage Dealerがぼーっとしているとなると突進したユーザーは虚しくならざるを得ません。だからといって、不利な状況で無闇に突進するのも良い方法ではありません。

また、相手が逃げるからといって闇雲について行ってはいけません。相手が逃げるというのは、状況が良くないという意味でもあり、そして味方を探しに行くという意味でもあるのです。集団戦で、それも牽制状況で逃げる敵を追うというのは、仲間とばらばらに散らばる状況になります。

20100222004625_c36a3f68.jpg
▲*自分の周りに味方がいないだけで~ (*集団リンチの状況になるということ)

仲間とばらばらになるとどうなるでしょうか? 言うまでもなく各個撃破にあう確率が高くなり、結局は敗北に繋がるでしょう。 しかし、反対に上述した例を相手に適用し、おとりになるウォーリアーが敵を1、2人ずつ連れてくる方法を使うこともできるのです。

■集団戦は一定の距離以上を仲間と離れず一緒に行動する。 相手を一人ずつ誘き寄せ素早く処理することがポイントです。
20100222005249_4b1af276.jpg

Dragon Nest の PvPは、一対一より多対多の戦闘が中心の傾向にあるので、他のゲームよりは易しくPvPに足を踏み入れることができます。けれど、PvP 経験の少ない人々が勝ちにくいのも事実です。PvPの基本を熟知し、自分のキャラクターが持っている特徴をよく利用するのが少しずつ勝率を高める基本になるでしょう。連敗の泥沼にはまってコロシアムに興味を持てないユーザーがいるのなら、もう一度自分のキャラクターをチェックし、性質を生かしてみるようにしましょう。




参考url : http://www.thisisgame.com/board/view.php?id=350017&category=11801


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://terapopori.blog18.fc2.com/tb.php/171-f941c340
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。