スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TERA-OβT延期 続き

2010年04月22日 22:36

■スケジュール延期は完成のための熟成期間

記者から "スケジュールの変更は避けられないようだが?" といった質問に対し、"年内にOβTと考えてはいるが、 「いつ」 と決めて開発を進めるのは好ましくない" と述べています。更に、

TIG : 完成度を高めるために具体的な方案があるようだ。

コンテンツの完成度を精密に整える過程で、どれぐらいを完成度の目標にするのかに悩んでいる。基本的に私たちは高く修正した。そのため開発プロセスも変えた。これからはリアルタイムで開発中のビルドをテストし、完成度を調整する仕組みになっていく。

TIG : それならOβT以前に追加的なCβTを準備しているのか?

まだ決定されたものではない。もしサーバーの限界、または作られたコンテンツの中で一般ユーザーの評価を受けなければならないことがあるのならば、ストレステストなどを行うことはある。 だが、コンテンツの質的な検証のためのテストは予定されていない。

以上のように回答しています。
あとは、NHNのテスト人員とユーザーのフィードバックは類似していることが追加的なテストを予定していない一つの理由のようです。

20100421172348_dd1ce295.jpg
3次CβTで最も多く指摘を受けたクエストバランス.

TIG : 3次CβTが進行されている間にユーザーが指摘した点がほとんど修正されなかった。時間不足が問題だったのか?

ユーザーの指摘に対して即座に対応することもできるが、開発する立場としては行間を読まなければならない。ユーザーが指摘した問題を個別に解決する方法ではなく、全体を見て調整するプロセスで開発が進行している。

ユーザーが指摘した部分は感覚的で感性的な部分も多かったが、統計を出してみると、クエストとスキル、アイテム、 (プレイヤーの便宜を図る) システムの不便さ、そしてバグと完成されなかったコンテンツの順であった。

クエストを例にあげてみよう。 一つ一つ直せばその時点で良くすることはできる。が、クエストにレベルアップのモチベーションの問題が残る。 つまり、スキルとアイテムの繋がりが、クエストとパズルを合わせるようにリンクされて大きい枠組みを構築しなければいけない。



■検証のためにリアルタイムビルド点検へ変更

TIG : 開発陣も今までTERAをプレイして面白みを感じたのだろうか。

ブルーホール内部の開発チームでも面白みを感じることはできなかった。開発チームも人間なので、一般ユーザーが感じる問題をそのまま認識する。余裕をもってプレイしながら検証する時間が不足していた.....これが3次CβT後のスケジュール延期を決める大きな理由となっている。

私たちがプレイしてみても、面白いと感じることができないコンテンツは、ユーザーもつまらないということを明らかに学んだ。毎日プレイが可能な開発ビルドをオープンするのも、開発者が作ったゲームを直接プレイする時間を設けるためだ。

これには笑ってしまった。

20100421172623_9d332265.jpg
3次CβTでは上位コンテンツも提供されたが、楽しむことができる人は殆どいなかった。

TIG : ブルーホールの代表取締役として3次CβT以降に開発陣とどのような話をしたのか?

TERAの開発陣はベテランだ。長年の開発経験とそれを実現できる技術力を持っていてプライドも高い。様々な理由で既存のものと違ったものを作るという意志が強いのも事実だ。ユーザーが開発陣の意図と違うようにプレイするのを理解できなかったこともあっただろう。

だから、ユーザーの意見を謙虚に聞き、自分たちが持っている能力でゲームを改善する勇気が必要だった。 3次CβTが終わった後、多くのフィードバックを並べて開発陣と議論を行った。 その結果、完成度を高める部分と最適化をしなければならない部分を分類して決めた。これからはユーザーの見解を眺めて開発しようと思っている。

TIG : TERAのノンターゲッティングアクションに苦戦しているユーザーも多い。根本的な問題と話すユーザーもいる。

TERAはオープンワールドで楽しむMMORPGだ。これをMOアクションと比較されるのは率直に言って悲しい。MOアクションは10~20分面白く遊べれば良いが、MMOでは1~2時間以上戦闘の面白味を与えなければならないので、そのような点が明確に違う。

全体的にレベルデザインを点検していて、攻撃する時のストップモーションに対する修正も悩んでいる。
戦闘で攻撃と方向転換などにディレイがあると苦痛なのは明らかだ。改善できる/できないのではなく、どれくらい改善することでMMOに適合した水準がどの程度なのか見出している。

毎日プレイしながらテストをする体制を整え、コンテンツを磨く作業に徹しているそうです。ディレイに対する発言は気になりますね。

20100421172956_e4846cbc.jpg
スキルは作ったものの最適化が不足していたので効用性が落ちた3次CβT.

TIG : 会ってみると高い期待感に伴なう負担は払い落とした風に見受けられるが。

ブルーホールの創業過程やプロジェクトに対する期待感のために負担が大きいという話に共感している。野球でも打者がホームランを狙えば肩に力がいっぱい入る。これまでに肩に力が入っていたのは事実で、そのために正しく力量を発揮できなかったのも事実だ。
多くのフィードバックを得て、これまでの経験を通じ、今は私たちだけのスイングができると思う。TERAだけの個性と特徴をきちんと示せるよう準備したい。



popori.jpg管理人の独り言。
コンテンツの拡充よりも質的な見直しをしているのは好ましい方向かと。その間にテストを行わず、いきなりオープンβにして大丈夫なのかなと思いますが。確実に日本でのサービスは遅れますね。あとは新情報も少ししか出てこなくなりそうです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://terapopori.blog18.fc2.com/tb.php/136-27e76372
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。